hisaitamiのブログ

とあるプログラマーの日常

Keiichi Matsudaさんの『Hyper Reality』をHoloLensで実現したい1年でした

Oculus Rift Advent Calendar 2017の18日目の記事です。

前回は@yutoVRさんのソードスキルを作っている話 - Qiitaです。SAOではないのですが、崩壊3rdに出てくる芽衣先輩のパワフルで切れ味鋭い刀さばきもすげぇなと思う今日この頃です。

はじめに

さて、今年はMircosoftのHoloLensや、AppleのARKit、GoogleのARCoreなど、MR/ARが面白くなりそうという1年でした。

VR/AR/MR/XRといった用語の定義に、バイクの型番のようだとか将来的に区別はなくなるとか多少の混乱を経て、HoloLensのようなデバイスがどのように使われていくかを模索しているうちに、Keiichi Matsudaさんの『Hyper Reality』というショートフィルムを見て感銘を受けたので、それについて書きます。

まずはこちらの動画、

キッチンのシーン

vimeo.com

親の敵のように壁を埋め尽くすデジタル広告に圧倒されます。しかし不思議とカッコよく見えるのは有名どころの洗練されたロゴだからでしょうか。これがターゲティング広告で直前にECサイトで検索した商品で溢れるとしたらキツいかもしれません。

キッチンで湯沸かしポットや冷蔵庫とリンクするのはとても便利そうです。自分は家電のUIが苦手で操作を覚えられないのですが、ARならデバイスの物理的な形状に縛られずに直感的なUIを実装する自由がありそうです。

もう一つの動画はこちら、

街中のシーン

vimeo.com

バスの中で、お互いに異なる言語でリアルタイムにチャットしてます。最近はクラウド型の翻訳エンジンが手軽に利用できるので、リアルタイム性や精度はともかくいけるかなと思って実装に挑戦して挫折しました。

街の中やスーパーの店内でも目眩するぐらいCGが氾濫しています。広告というかデザインの一部になっており、システムを再起動して広告が消えてしまうと殺風景な空間であることが露わになります。

その他にもいろいろな描写がありますがこの辺で。物語としてはシュールな感じで終わりますが、また見返して改めて面白い動画だなと思いました。

おわりに

さて、次回は@tarukosuさんの「Tango を HoloLens 用ガンコントローラとして使ってみる」です。おやTangoって今日のニュースでうわなにをするやめ

SciFiインターフェイスを作るのに便利なアセット

https://www.assetstore.unity3d.com/#!/content/69794?aid=ASV-F4ZE-PJ4H-ZN6X-7H6G-6KS3

はじめに

この記事は「Unity アセット真夏のアドベントカレンダー 2017」22日目の記事です。

昨日の記事は、ユノミさんの「Unity アセット真夏のアドベントカレンダー 2017 – コドモのころの夢」でした。

今回はSciFiインターフェイスのデザインテンプレートとして使えるアセットの「Customizable SciFi Holo Interface」を紹介します。

まずはサンプルのシーンを動かす

パッケージをインポートしてサンプルシーンを動かそうとするとエラーになりました。

Projectビューから「Standard Assets」をフォルダごと削除した後、改めて「Import Package > Effects」でStandard Assetsを追加するとエラーは解消しました。

f:id:hisaitami:20170821121335p:plain

どんなデザインが用意されているか調べる

CSFHI_Showroomシーンを実行すると次のような画面が表示されます。

最初に表示されるのは「Clean Welcome」という名前のウェルカム画面です。

f:id:hisaitami:20170821123218p:plain

Hierarchyビューで「HoloInterfaces」の下を展開すると、デザインは全部で18種類が用意されていることが分かります。

f:id:hisaitami:20170821123934p:plain

右下にある左右の矢印ボタンで中央に表示されているインターフェイスデザインを切り替えることができます。いくつかピックアップすると、、、

青白いネオンカラーが雰囲気を出してます

f:id:hisaitami:20170821124143p:plain

次に、意味は分からないけど重要そうなデータを可視化したイメージ

f:id:hisaitami:20170821124325p:plain

グラフもしくはインジケータ

f:id:hisaitami:20170821124526p:plain

Input Filedを含むデザインは次のような感じです。

f:id:hisaitami:20170821124258p:plain

「危険」とか「警告」とか表示させたいダイアログ

f:id:hisaitami:20170821125015p:plain

サンプルで使われているフレームやテキストボックスなどはプレハブとして部品化されているので、組み合わせて独自のインターフェイスを作ることができます。

ここでは紹介できませんでしたが、アニメーションや効果音なども雰囲気があっていい感じでした。


次回(8/23)の「Unity アセット真夏のアドベントカレンダー 2017」は、n.ryotaさんの「Unicessingのある夏休み」です。

自分もProcessingやジェネレーティブアートに興味があって、Unicessingもゲットしてあるので楽しみです。

Oculus Rift CV1に水中マスク用レンズを付けたら本当によく見えるようになった

本当によく見えるようになった

MikulusのためにDK2からCV1にしたら、近視用のレンズは付属してないし、メガネをかけたまま装着できないので、もやーっとしたVR体験に困っていたのだけど、水中マスクで使うレンズが使えるという記事を見て、真似してみたらタイトルのような感動が!

yoruoha.hateblo.jp

おかげでMikulusの中からブログが書けるようになりました。

Amazonで買えるんだけど...

視力とレンズの度数の関係ってよくわからないし、左右で違ったり、乱視とか、通販で買うの躊躇してた。

フレームと左右のレンズを別々に買うこともできるけど、まずレンズ付きのセットで試してダメなら交換すればいいし。色々調べて-5.0のセットにした。

f:id:hisaitami:20161216000930j:plain

こんな感じで雑に装着してみてたけど、本当によく見えるようになって買ってよかった。

idbox!でアヒルと雪だるまを出力する

アヒルのスマホスタンド

前回、『マイ3Dプリンター プリント実践編①』は、途中でフィラメント切れのため失敗しました。

フィラメントはデアゴのサイトから追加購入できます。マガジンに付属していたものとは量が全然違ってちょっとビックリ。

f:id:hisaitami:20161023113031j:plain

やっぱりこれくらいフィラメントがあれば、途中で足りなくなる心配がなくて安心ですね。

フィラメントは足りるとして、出力時間の節約になると思ったので、「密度」をデフォルトの40%→20%に変更して出力。

出来上がったものがこちらです。

f:id:hisaitami:20161023110954j:plain

アヒルのスマホスタンドが完成しました! やったー!!

フィラメントについて調べてみた

idbox!で利用できるフィラメントは、PLAとABSという2種類だそうです。

  • PLAはポリ乳酸と呼ばれる、植物由来の原料で作られている
  • 毒性がなくてカーボンニュートラルなので環境に優しい
  • ABSより低い温度で溶ける、寒い季節扱いやすい
  • ABSより造形しやすい、変形することが少ない
  • PLAは割れやすい、ABSの方が造形後の加工がしやすい

アゴのサイトから購入したフィラメントは、ユニチカ製のテラマックという製品なのだそうです。

  • 素材:PLA(ポリ乳酸
  • 重量:500g
  • フィラメント径:1.75mm (±3%)
  • 推奨造形温度:210~250℃
  • 推奨造形速度:30~120mm/s

アヒル1匹を出力するのに約16gのフィラメントを使用するので、500gなら31匹も出力できますね。

ちなみに、アヒル2匹を同時に出力するのに約3時間20分かかるので、31匹出力するのに4日以上かかりそうです。

www.unitika.co.jp

雪だるま

続きまして、『マイ3Dプリンター プリント実践編②』の雪だるまの出力にチャレンジしました。

今回もフィラメントはテラマック(PLA)ですが、色が「クリア」のやつを使用します。

またフィラメントが足りなくなる心配とか、せっかくセットしたフィラメントを交換するのが面倒くさいとか、そういうことは振り払って出力を始めました。

その途中経過がこちらです。

f:id:hisaitami:20161023111312g:plain

後もう少しで完成だったのですが、Macが落ちて失敗しました。。。

先日バッテリーを交換してからも調子が悪かったMac、そろそろ買い替えなのかもしれません。

idbox!の出力テストをやってみた

最初の出力結果

idbox!の組み立てが終わり、いよいよ最初の出力テストをやってみました!

記念すべき最初の出力結果がこちらです!!

f:id:hisaitami:20161016193954j:plain

完全な失敗ですね。

出力中の様子を眺めていると、ノズルから出てきたフィラメントがプラットフォームシートに定着せず、ノズルと一緒に動いてしまっていました。

こういう場合は、ノズルと造形テーブルの隙間を再調整するのだそうです。

名刺2枚分くらいがちょうどいい(諸説あり)

隙間が空きすぎていると、ノズルから出たフィラメントが造形テーブルに張り付かなくなるそうです。少しづつ、隙間を詰めながら出力テストを繰り返していきました。

2回、3回、....5回目でようやくそれっぽい感じになってきました。

名刺2枚を挟んで、抜けるか抜けないぐらいに調整しました。名刺の厚さも結構違いがあるので一概に言えないかもしれません。

f:id:hisaitami:20161016201716j:plain

順調に出力される様子を眺めていると、制御ソフトが動いているMacがスリープモードに入ってしまい途中で止まってしまいましたが、こんな感じに出力されました。右から、1回目(空きすぎ)、2回目(詰めすぎ)、5回目

f:id:hisaitami:20161016194010j:plain

出力テストができたので

続けて「プリント実践編①」をやってみることに、今回のテーマは「アヒルのスマホスタンドを2コ同時に出力!」となっていました。

Gコードを作成する際に「フィラメント」で「TERRAMAC」、「サポート材」で「なし」を選択し、他の設定は初期設定のままということでしたが、途中からどうも気になることがありました、

出力から1時間が過ぎた頃、もう完全にフィラメントが足りないことが分かりました。

説明書のGコード作成画面をよく見てみると「密度」が「20%」になっていますが、自分は「40%」のままだったのが敗因かなと思います。

また、始めてなので2個同時ではなく1個ずつ出力すればよかったなと思いました。

f:id:hisaitami:20161016203854j:plain

何事も経験ですね。

とにかく出力テストが無事に完了してよかったです。

ことえりからGoogle日本語入力に切り替えてよかったこと

切り替えたキッカケ

いつの間にか、IMEGoogle日本語入力って時代のようですが、ことえりに不満がなかったのでスルーしていた。ただ、USキーボードだと日本語入力のオン/オフが煩わしかったので、KarabinerをインストールしてShift+Spaceでトグルできるようにしていた。

それが昨日から急に日本語入力のオン/オフが効かなくなってしまった。考えられるのはApp Storeでアップデートを掛けたことぐらい。と言ってもSafariをアップデートして再起動しただけで、Sierraにアップグレードしたわけじゃない。ちなみに「Karabinerは今のところmacOS Sierraでは動作しません。」とのことだ。

そんなわけで色々調べていたら、今更だけどGoogle日本語入力の評判がよかったので試すことにした。

インストールと初期設定

こちらの記事を参考にインストールと初期設定をした。まさに「US配列だからこそ悩む日本語設定」なのです。

www.moxbit.com

ちなみに自分のMac歴は5年ぐらい。そのタイミングでUS配列キーボードにした。理由は「ひらがなが刻印されてないキートップがスッキリしていてカッコいいから」というものであった。だって、ローマ字入力するのに意味ないし。

KarabinerをアンインストールしてOSのショートカットキー操作はすべてデフォルトに戻した。日本語入力のオン/オフは Ctrl + Space を使うことにする。切替時にInput Sourceの候補がポップアップ表示されるのが嫌だったけれど、素早く切り替えるときには表示されないことがわかって、今までの事は何だったのだろうかと思った。

切り替えてよかったこと

ことえりよりも変換効率が良いので日本語変換が楽になった。小説や映画のタイトルとか最初の数文字で変換できるし、西暦から元号とか、計算機代わりに使えるなど、もっと早くから試しておけばよかったと思った。

Google日本語入力「シークレットモード」や「サジェスト機能の一時停止」などについて、こちらの情報が参考になった。どのIMEを使っていても、思いがけない単語に変換されることはあると思うけれど。

sato001.com

「z」とvimのカーソル移動キーバインド「h」「j」「k」「l」で矢印記号に変換できるのが一番のツボだった。

www.lifehacker.jp

マイ3Dプリンターを組み立て中

この夏から、デアゴスティーニの「週刊マイ3Dプリンター」を組み立て中です。

ほどなくして、9/13から再刊行版が出ると聞いてちょっとショックです。

f:id:hisaitami:20160823214516j:plain

もうちょっと待ってたらよかったのですが、

まぁ、頑張って組み立てています。

 

気合を入れすぎて、ネジを強く締めすぎてしまい、

アクリルにヒビが入ってしまったという。

 

アクリルサンデーという接着剤で補修しました。