読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hisaitamiのブログ

とあるプログラマーの日常

Macbook Airのバッテリーを交換してみた

Mac DIY

もう4~5年使っているMacBook Air (mid 2011)なんだけど、突然電源が落ちたりして、さすがにバッテリーが限界を迎えたようだ。

充放電回数を調べてみたら...

Optionキーを押しながら、Appleメニューから「System Information...」を選択すると、バッテリーの充放電回数「Cycle Count」を確認することができる。スペック的には1000回のところ既に956回まで達していることが分かった。

 

f:id:hisaitami:20160922225920p:plain 

交換バッテリーがAmazonで買える

そろそろ買い替えなのかなと思ったんだけど、バッテリーを自分で交換している人がいるようなので、俺もやってみることにした。

まず、MacBook Airの型番を調べて、それに合うバッテリーをAmazonで買う。自分が使っている「MacBook Air 13 Inch mid 2011」に合うバッテリーを探して、これを買った。

もっと安いやつもあったけど、中古品の可能性もあるようだ。また、MacBook Airの裏蓋は星型ネジになっていて、普通のプラスドライバだと開けられないんだけど、この製品だとドライバーが付属しているのがありがたい。

さっそく交換してみると...

品物が届いたので作業開始

f:id:hisaitami:20160922233356j:plain

MacBook Airを裏返して、交換バッテリー付属のドライバでネジを外していく。簡単な作業のはずだったが...。

f:id:hisaitami:20160922233410j:plain

なんと2本もネジ穴を潰してしまう!!

ヤスリでマイナスドライバーの溝を作って開ける方法もあるようだが、かなり根気が必要そうだったし、2本も潰してしまったのでピンバイスでネジ穴を潰してこじ開けることにした。

本当は細い方から少しづつドリルの太さを変えてネジ穴を貫通させるやり方が正しいようだが、やってみると小さいドリルだと全然ダメなので2番目に太いドリルでゴリゴリねじ込んで、最後はやや強引に裏蓋を取り外した。

f:id:hisaitami:20160922233418j:plain

古いバッテリーを外して、新しいバッテリーに交換する。

f:id:hisaitami:20160922233430j:plain

裏蓋をそっと閉じて電源を入れる

裏蓋をつけるときに3本目のネジ穴を潰して涙目になりつつ、電源を入れたら無事に起動した。ホント安心した。

f:id:hisaitami:20160922233446j:plain

 

バッテリーの状態を確認すると、「Full Charge Capacity」が「2527mAh」から「7311mAh」に増えたことを確認。

 

f:id:hisaitami:20160922235642p:plain

ネジ3本を犠牲にしながらも、なんとかバッテリーを自分で交換することができたのだった。