読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hisaitamiのブログ

とあるプログラマーの日常

ことえりからGoogle日本語入力に切り替えてよかったこと

切り替えたキッカケ

いつの間にか、IMEGoogle日本語入力って時代のようですが、ことえりに不満がなかったのでスルーしていた。ただ、USキーボードだと日本語入力のオン/オフが煩わしかったので、KarabinerをインストールしてShift+Spaceでトグルできるようにしていた。

それが昨日から急に日本語入力のオン/オフが効かなくなってしまった。考えられるのはApp Storeでアップデートを掛けたことぐらい。と言ってもSafariをアップデートして再起動しただけで、Sierraにアップグレードしたわけじゃない。ちなみに「Karabinerは今のところmacOS Sierraでは動作しません。」とのことだ。

そんなわけで色々調べていたら、今更だけどGoogle日本語入力の評判がよかったので試すことにした。

インストールと初期設定

こちらの記事を参考にインストールと初期設定をした。まさに「US配列だからこそ悩む日本語設定」なのです。

www.moxbit.com

ちなみに自分のMac歴は5年ぐらい。そのタイミングでUS配列キーボードにした。理由は「ひらがなが刻印されてないキートップがスッキリしていてカッコいいから」というものであった。だって、ローマ字入力するのに意味ないし。

KarabinerをアンインストールしてOSのショートカットキー操作はすべてデフォルトに戻した。日本語入力のオン/オフは Ctrl + Space を使うことにする。切替時にInput Sourceの候補がポップアップ表示されるのが嫌だったけれど、素早く切り替えるときには表示されないことがわかって、今までの事は何だったのだろうかと思った。

切り替えてよかったこと

ことえりよりも変換効率が良いので日本語変換が楽になった。小説や映画のタイトルとか最初の数文字で変換できるし、西暦から元号とか、計算機代わりに使えるなど、もっと早くから試しておけばよかったと思った。

Google日本語入力「シークレットモード」や「サジェスト機能の一時停止」などについて、こちらの情報が参考になった。どのIMEを使っていても、思いがけない単語に変換されることはあると思うけれど。

sato001.com

「z」とvimのカーソル移動キーバインド「h」「j」「k」「l」で矢印記号に変換できるのが一番のツボだった。

www.lifehacker.jp