hisaitamiのブログ

とあるプログラマーの日常

idbox!の出力テストをやってみた

最初の出力結果

idbox!の組み立てが終わり、いよいよ最初の出力テストをやってみました!

記念すべき最初の出力結果がこちらです!!

f:id:hisaitami:20161016193954j:plain

完全な失敗ですね。

出力中の様子を眺めていると、ノズルから出てきたフィラメントがプラットフォームシートに定着せず、ノズルと一緒に動いてしまっていました。

こういう場合は、ノズルと造形テーブルの隙間を再調整するのだそうです。

名刺2枚分くらいがちょうどいい(諸説あり)

隙間が空きすぎていると、ノズルから出たフィラメントが造形テーブルに張り付かなくなるそうです。少しづつ、隙間を詰めながら出力テストを繰り返していきました。

2回、3回、....5回目でようやくそれっぽい感じになってきました。

名刺2枚を挟んで、抜けるか抜けないぐらいに調整しました。名刺の厚さも結構違いがあるので一概に言えないかもしれません。

f:id:hisaitami:20161016201716j:plain

順調に出力される様子を眺めていると、制御ソフトが動いているMacがスリープモードに入ってしまい途中で止まってしまいましたが、こんな感じに出力されました。右から、1回目(空きすぎ)、2回目(詰めすぎ)、5回目

f:id:hisaitami:20161016194010j:plain

出力テストができたので

続けて「プリント実践編①」をやってみることに、今回のテーマは「アヒルのスマホスタンドを2コ同時に出力!」となっていました。

Gコードを作成する際に「フィラメント」で「TERRAMAC」、「サポート材」で「なし」を選択し、他の設定は初期設定のままということでしたが、途中からどうも気になることがありました、

出力から1時間が過ぎた頃、もう完全にフィラメントが足りないことが分かりました。

説明書のGコード作成画面をよく見てみると「密度」が「20%」になっていますが、自分は「40%」のままだったのが敗因かなと思います。

また、始めてなので2個同時ではなく1個ずつ出力すればよかったなと思いました。

f:id:hisaitami:20161016203854j:plain

何事も経験ですね。

とにかく出力テストが無事に完了してよかったです。