hisaitamiのブログ

とあるプログラマーの日常

Android実機をWiFi経由でデバッグする方法

数年ぶりのAndroidアプリ開発

ターゲットがAndroid 6(API Level 23)のMarshmallowなんだけど、実行時にパーミッションを確認するようになり、ユーザにとっては安心だけど、開発する方はちょっと面倒になった。

開発ツールやビルドツールもAndroid StudioとかGradleに変わったけど、そちらは意外とすんなり使える。とても便利になったと思う。

そんな訳で、WiFi経由でデバッグする方法を覚えたのでメモ(macOS)。

手順

まず、Android実機とMacをUSBで接続する。

Android Studioと一緒にインストールされるAndroid SDKのパスを通して、ターミナルからadbコマンドを実行する。

 # Android SDKにパスを通す
 $ export PATH=$PATH:$HOME/Library/Android/sdk/platform-tools/
 
 # ポート1234で接続する
 $ adb tcpip 1234
 restarting in TCP mode port: 1234

実機にログインして、WiFiに割り当てられたIPアドレスを調べる。

 # 実機にログイン
 $ adb shell

 # IPアドレスを調べる
 shell@P024_2:/ $ ifconfig
 wlan0     Link encap:Ethernet  HWaddr D0:10:B2:BD:5F:2F
           inet addr:192.168.7.148  Bcast:192.168.7.255  Mask:255.255.252.0
           inet6 addr: fe80::21a:e44f:fe89:f432/64 Scope:Link
           UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
           RX packets:743659 errors:0 dropped:156971 overruns:0 ```

adbシェルからログアウトして、実機のWiFiに割り当てられたIPアドレスに対して接続する。

 $ adb connect 192.168.7.148:1234
 connected to 192.168.7.148:1234

USBケーブルを抜いて、接続されてることを確認する

 $ adb devices
 List of devices attached
 192.168.7.148:1234 device

接続を切る場合は、

 $ adb disconnect 192.168.7.148
 $ adb usb