読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hisaitamiのブログ

とあるプログラマーの日常

一人でもUnity Collaborateを使ってみた

簡単に使える

今はまだ勉強している段階なのでバージョン管理は必要ないと、Windowsでgitを使えるようにするの後回しにしてました。

UnityにはCollaborateという多人数での開発を支援する機能があることを知ったので、さっそく使ってみました。

セットアップはこちらを参考にさせていただきました。

qiita.com

3ステップで準備完了です。

メニュー > Window > Services でサービスパネルを表示させてCollaborateを選ぶと機能一覧が表示されます。

f:id:hisaitami:20170119101602p:plain

「Open the history panel」をクリックすると更新してアップロードした履歴が確認できます。

f:id:hisaitami:20170119101215p:plain

Collaborateパネルから「Go to the web dashboard」を選ぶとブラウザが起動されてWebページで履歴やディスク使用量などが確認できます。

試してみて思ったこと

一人でも作業の区切りにコミットできると安心だし、学習の進捗状況をタイムラインで振り返ることができるので面白いです。

※追記 コミットの取り消しや、マージのやり方が分からなくてハマったので、やっぱりgitを使おうかなと思います...。