読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hisaitamiのブログ

とあるプログラマーの日常

HoloLensアプリ開発(2日目) ネットワーク経由でアプリの動作確認

Holographic Remotingが便利すぎる

HoloLensに「Holographic Remoting」というアプリをインストールすることで、Unityの「Play」ボタンを押すだけでHoloLensでアプリの動作を確認することができました。

参考にしたのはこちらの資料です。

docs.com

他にも、HoloToolkit-Unityを使って、AirTapのジェスチャーをトリガーとしてオブジェクトを落下させるサンプルの作り方を覚えました。

f:id:hisaitami:20170126032403g:plain

MMD4Mecanimを使おうとしたら

CubeやSphereだけだと味気ないので、MMD4Mecanimでモデルをインポートして表示させようとしたのですが「サポート外のプラットフォームです」とエラーになってしまい実行できませんでした。

MMD4Mecanim_Beta_20161206のReadme_jp.txtで「UWP(HoloLens) などはサポート対象外」と明示されています。(2016/1/26追記)

プロ生ちゃんであればUnityのパッケージが提供されているので問題なくインポートすることができました。

f:id:hisaitami:20170126031233p:plain

明日からは、Academyのチュートリアルをやってみます。

https://developer.microsoft.com/en-us/windows/holographic/academy