hisaitamiのブログ

とあるプログラマーの日常

HoloLensアプリ開発(25日目)BlenderでPMXとVMDを読み込んでFBXに出力する

UnityとかUWPとか、HoloToolkitとかMRDesignLabとか、とにかく覚えることが沢山あるのですが、今日はBlenderにPMXとVMDを取り込んでFBXに出力する方法を見つけたので試してみました。

www.youtube.com

  • model: @aichan_nel
  • motion : @Somubu_Cho

やり方

次の記事を参考にさせていただきました。

以下、ハマりどころをピックアップ

PMXを読み込んだ直後の状態

灰色のモデルがポツンと表示された状態になる

f:id:hisaitami:20170718222238p:plain

  • テンキーの「1」を押してフロントビューに切り替える
  • テンキーの「5」を押して平行投影に切り替える
  • マウスホイールでモデルを拡大する
  • 「CTR+8」と「CTR+2」でモデルを画面中央に表示されるように調節する
  • MMD Toolsパネル > View > Shadelessボタンをクリックしてテクスチャーをレンダリングさせる

f:id:hisaitami:20170718224255p:plain

VMDを読み込む

f:id:hisaitami:20170718230712p:plain

  • 足の間にある三角錐みたいなオブジェクト(アーマチュア)を右クリックして選択状態にする
  • MMD Toolsパネル > Import > Motionボタンを押してVMDファイルをインポートする
  • もう一度アーマチュアを選択状態にする
  • キーボードで「M」を押して移動先のレイヤーをマウスで選択してアーマチュアを別レイヤーに移動する

f:id:hisaitami:20170718231215p:plain

これで、画面下部のPlay Animationボタンを押せばモーションが再生されるようになる。

FBXにエクスポートする

  • 「Shift+CTRL+↓」を押してモーションを先頭に戻しておく
  • File > Export > FBX

まとめ

  • Blendermmd_toolsアドオンを追加することでPMXとVMDを扱うことが可能になる
  • Blenderの操作はキーボード主体なのでやりながら覚える
  • VMDをインポートする前にアーマチュアを選択しておく必要がある
  • アーマチュアは別レイヤーに移動させることで非表示にできる
  • FBXにエクスポートする前に、モーションを先頭に戻しておくこと