hisaitamiのブログ

とあるプログラマーの日常

Keiichi Matsudaさんの『Hyper Reality』をHoloLensで実現したい1年でした

Oculus Rift Advent Calendar 2017の18日目の記事です。

前回は@yutoVRさんのソードスキルを作っている話 - Qiitaです。SAOではないのですが、崩壊3rdに出てくる芽衣先輩のパワフルで切れ味鋭い刀さばきもすげぇなと思う今日この頃です。

はじめに

さて、今年はMircosoftのHoloLensや、AppleのARKit、GoogleのARCoreなど、MR/ARが面白くなりそうという1年でした。

VR/AR/MR/XRといった用語の定義に、バイクの型番のようだとか将来的に区別はなくなるとか多少の混乱を経て、HoloLensのようなデバイスがどのように使われていくかを模索しているうちに、Keiichi Matsudaさんの『Hyper Reality』というショートフィルムを見て感銘を受けたので、それについて書きます。

まずはこちらの動画、

キッチンのシーン

vimeo.com

親の敵のように壁を埋め尽くすデジタル広告に圧倒されます。しかし不思議とカッコよく見えるのは有名どころの洗練されたロゴだからでしょうか。これがターゲティング広告で直前にECサイトで検索した商品で溢れるとしたらキツいかもしれません。

キッチンで湯沸かしポットや冷蔵庫とリンクするのはとても便利そうです。自分は家電のUIが苦手で操作を覚えられないのですが、ARならデバイスの物理的な形状に縛られずに直感的なUIを実装する自由がありそうです。

もう一つの動画はこちら、

街中のシーン

vimeo.com

バスの中で、お互いに異なる言語でリアルタイムにチャットしてます。最近はクラウド型の翻訳エンジンが手軽に利用できるので、リアルタイム性や精度はともかくいけるかなと思って実装に挑戦して挫折しました。

街の中やスーパーの店内でも目眩するぐらいCGが氾濫しています。広告というかデザインの一部になっており、システムを再起動して広告が消えてしまうと殺風景な空間であることが露わになります。

その他にもいろいろな描写がありますがこの辺で。物語としてはシュールな感じで終わりますが、また見返して改めて面白い動画だなと思いました。

おわりに

さて、次回は@tarukosuさんの「Tango を HoloLens 用ガンコントローラとして使ってみる」です。おやTangoって今日のニュースでうわなにをするやめ